手足口病

手足の水疱と口内炎ができる夏風邪の一種で、5〜8月ぐらいに流行し、潜伏期間は3〜7日ぐらいです。手と足と口に水疱ができるのが病気の主な症状ですが、最初の1〜2日の間に熱が出ることもあります。


手足口病

手足口病の症状
手足口病の治療・合併症
手足口病の予防接種・その他


スポンサードリンク
 手足口病
 手足口病とは

手足の水疱と口内炎ができる夏風邪の一種で、5〜8月ぐらいに流行し、潜伏期間は3〜7日ぐらいです。手と足と口に水疱ができるのが病気の主な症状ですが、最初の1〜2日の間に熱が出ることもあります。ただし、熱といっても、38℃の熱が出る子供は全体の30%ぐらいで、半分以上の子供は熱は出ません。


水疱は3〜5日ぐらいで消えてしまい、あとが残ったりすることはありません。主に発疹が出る部分は手・足・口ですが、場合によってはお尻〜大腿にも出ることがあります。また、発疹の部分のかゆみや痛みは起こらないのが普通ですが、場合によっては、軽い痛みを感じることもあるようです。


ごくまれに髄膜炎になることがあるので注意は必要ですが、通常は、からだ全体に対する影響は鼻かぜ程度のものと考えてよいと思います。ただし、小さな子供で口の中の発疹がひどいと、食事がとれなくて脱水傾向になることがあるので注意が必要です。


手足口病のウイルスは、本来、胃腸かぜのウイルスの一種ですので、多少下痢っぽくなることはありますが、ひどい下痢になることはそれほどありません。


 
 手足口病
  手足口病の症状

  手足口病の治療・合併症

  手足口病の予防接種・その他

   

Copyright (C) 2009 手足口病 All Rights Reserved.
 

漢方で効く精力増強剤 | 天使のララ | 母乳 | 夜泣き | デトックスフットバス池袋 | ネットでお金を稼ぐ方法 | 背中にきびケアと治療法
ワキ汗ワキ臭解決法 | 人前でもあがらない方法 | 加圧トレーニングのはじめ方 | ハローワーク東京 | プラセンタ化粧品の効果